鈴森日記

どうも、鈴森シラセの日記です。

雑記:003 中世インターネットの思い出のサイトの話をしたい。

f:id:Shirase_Suzumori:20210728231258p:plain

 

はてなインターネット文学賞「わたしとインターネット」

 

f:id:Shirase_Suzumori:20210727203755p:plain

 

どうも、皆さん。

鈴森シラセです。

 

深夜になにか作業したり、ゲームなりして過ごすときのお供に、よく私はクソ古いニコニコ動画の動画とか、クソ古いYouTubeの動画を垂れ流しにして過ごすことがあります。

ネット歴がそんなに古い方でもないんですけどね……。

 

自分のPCを初めて買ったのは高校生くらいの正月で、親戚一同からもらった貴重なお年玉をほぼ全額投じたときで、それ以前は家のPCを夜な夜なこっそり起動してYouTubeを開いてみたり、3DSPSPwi-fi接続機能を使って密かにネットを楽しむ、という過酷なネットライフを過ごしていました。

そういう禁酒法時代みたいなネットライフを送るのは大体真夜中で、両親が寝静まっているときが主だったからか、深夜に古代ネットの文化を感じるのが好きなんだと思います。

 

さて、今回は、そんな禁酒法時代的なインターネットライフを送った私が振り返る、「好きなサイト」を紹介します。

当時のネットを知るネット老師の皆さまは「あぁ~、あったねそんなやつ」と懐かしみ、当時を知らない皆さんは「はぇ~、そんなのあったんや(鼻ホジ)」と読み流してください。

 

カノンロック

すごすぎるエレキギターでカノンロック - YouTube

www.youtube.com

 

これはたぶん、私が生まれて初めて観たYouTubeの動画ですね。

小学生の頃、父がPCをいじっている横から覗き込んで邪魔をしたとき、父が何の気なしに開いて見せた動画だったと思います。

この動画自体は恐らく本家を日本語タイトルに変えて転載されたものだと思いますが、それが2008年投稿とあるわけですからまぁその古さに驚きますね。

父はこの動画をハナタレの私に見せ、

「お前にはまだこの動画のすごさが分からないだろうけど教える。この動画はこの世界のどこかにいるこの兄ちゃんが演奏して、ネットに投稿したんだよ」

 

「この帽子の兄ちゃんは、投稿したって一円の金にもならないし、誰が見てるのかもわからないような場所にこんな素晴らしい演奏の動画を投稿した。すごいだろ、ただ面白いというだけでこんなすごい動画を投稿したんだぞ」

と、言いました。

当時は何を言ってるのか実感もわかず意味が分かりませんでしたが、たぶん父は「才能の無駄遣い」的なことを言っていたんでしょうね。

ネットの海にはどこの誰か素性も知れない天才や変態が跋扈し、ただ面白いというだけで高度な技術を駆使したコンテンツを生み出していたことでしょう。その熱のようなものを感じた、今も私の記憶の中にある記念碑的な動画です。

 

・淀dウ薀

D³åDrª,È¡zXÀâ£yj©D2h

 

f:id:Shirase_Suzumori:20210728230919p:plain

 

続いては、「検索してはいけない言葉」の一つにも数えられているサイト「淀dウ薀」です。

夜な夜な家のPCをこっそり起動してネットサーフィン(死語)に夢中になっていた中学生時代の私が、初見でかなりのトラウマを植え付けられ、その後だんだんと惹かれていったWEBサイトの一つです。

ここは……なんなんでしょうね。

 

明かりを消してPC画面の明かりしかない部屋で見るにはあまりにも目に悪そうなサイケデリックな背景に、ラクガキみたいな動物が高速移動していたり、漫画家 福満しげゆきの公式サイトにつながるリンクが張ってあったり、とかくシュールでキマった内容のサイトです。

検索してはいけない言葉wikiに記述があり、度胸試しというかなんというか、よく分からないままに検索して、閲覧を後悔したことで深く印象に残っています。

しかし、後になって何度か見直すうちに……なんでしょう、美大とかのCMにありそうなアンニュイさ、中学二年生の感性にゴンゴンに響くアンダーグラウンドっぽさにほれ込んでいきました。

多感な時期に見て、場合によっては一生のセンスに影響を及ぼしかねないものでしたが、奇跡的に(?)感性を完全には狂わされずに済んだものです。

 

昔からの野望で、私も謎サイトを開設して十年後の中学生の精神をかき乱したいと心の隅で思ったりしています。

 

アンサイクロペディア

https://ansaikuropedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

皆さんご存じ……でしょうか。

 

f:id:Shirase_Suzumori:20210728230709p:plain

 

バ科事典、八百科事典などと名乗ることもあるこのサイトは、インターネット百科事典、wikipediaが正確な情報や知識を集める百科事典であるのに対し、一から十まで嘘八百、すべてがジョークのWEB百科サイトです。

ただのパロディサイトかと思いきや、もともとはwikiに掲載するべきか微妙なラインの記事などが集められ、本家wikiから派生した本当の姉妹サイトなのです。

その内容は全てがジョークで、情報の真偽よりもユーモアを重視するサイトとして機能しています。

 

クソガキ時代の私には、その高度なユーモア全てが理解できたわけではありませんでしたが、独特のシュールさ、クソ真面目に虚構を記述する記事の数々にゲラゲラと笑い転げていました。

なかでも私が大好きだったのが「ひよこ陛下」シリーズ。

 

http://ja.uncyc.org/wiki/%E3%81%B2%E3%82%88%E3%81%93%E9%99%9B%E4%B8%8B

↑まずは上のURLをクリックして「ひよこ陛下」について書かれたアンサイクロペディアの記事を読んでみていただきたい。

 

 

 

 

……いかがでしょうか。

もう全く一から十まで虚構。「ひよこ陛下ってなんだよ」と当惑されている方も多いと思います。

初めて読んだ私も同じ感想を持ちました。

しかし、その虚構の完成度というか、ディテールの妙な細かさ、巧妙さ、そして全面を通じて抜かりなく織り込まれているジョーク。まさにアンサイクロペディアを象徴するにふさわしい記事だと思いませんか?

この記事に限らず、アンサイクロペディアには高度なギャグや、流行りを取り入れたユーモア、ネットらしさが良くも悪くもあふれ出る内輪ノリ的笑いが詰め込まれたページが数多く、一時めちゃくちゃにハマったものです。

学校でもその面白さを皆に語って聞かせ、布教活動のようなことをしていましたが、どうも鈴森の奴が妄言吐いていると扱われ、全く流行らず、私の頭がかわいそうだという印象を広めるだけに終始したのは苦い思い出です。

 

ブリーフ&トランクス 「コンビニ」シリーズ

www.nicovideo.jp

むか~~~~~~~~しのニコニコ動画で流行っていた(と、思う)手描きMADの1ジャンルです。

一時はアニメが1クール回ればゾロッと新作が投稿される勢いで派生動画が投稿されていたように思いますが、今は流行の最前線を引き、若干アングラ感のある場所で細々と続いているイメージの強いこのMAD。

なぜかものすごくハマった時期があって、そのころは毎日のようにPCを起動しては狂ったように観漁っていました。何にそこまでのめり込んだのか全く分かりませんが、とかく面白かったんだと思います。

いま改めて検索してみたら「ウマ娘」や「アイドルマスター」で現在も新作が投稿されているようですね。アングラ感あるなと思っていたのは偏見だったんでしょうか。

 

f:id:Shirase_Suzumori:20210728222852p:plain

 

この動画に憧れて、こっそり家を抜け出し、深夜のコンビニに向かったものの、夜道の暗さにビビって玄関から10mでUターンしたのは一度や二度じゃないですし、ニコ動キッズだった皆さんもきっと同じような思い出があるはずです。

 

******

 

さて、こんな感じで、私が昔見て好きだったいにしえのインターネットの紹介でした。

全体的に何となく有名なネタやサイトが多く、かつての私がいかにネットの表層を漂っていたかがうかがえますね。

今も好きなサイトや動画が多く、大きな影響を受けたものも残っています。

 

今後ももしかしたら続編というか、似た題材の記事を書くかもしれません。

それでは今回はこのへんで。