鈴森日記

どうも、鈴森シラセの日記です。

【日記】アナタは結晶大根を知っているか。

こんにちは。

鈴森シラセです。

 

いちいちそれ一本で記事にするには小さく、かと言って適当なツイートとして消費するには少々大きすぎる、そんな日常の出来事をまとめた端材みたいな日記です。

 

・尻。

 

 

 

 

少し前に100枚自分のコスプレ絵を描くという自意識の狂った企画をやったんですけど、その中で気付いたことが一つあったんで書いときます。

前にもどこかで言った気がするけど、どこだったかを思い出すのが面倒なので書きます。

 

frontbaseszmr.hateblo.jp

 

さて。

 

皆さん……『尻』……って知ってますか。

あ、ご存じですか、そうですか。

 

100枚も同じ顔描いてりゃ気付くことと言えば、手癖の出方というもの。

以前からうすうすそんな気はしていたんですが、私は尻が好きらしいということを自覚する機会となったわけですね。

 


バストより一回りくらいデカいと思うんだ

 

当然尻がデカければ付随して脚も太くなります。

毎回例の単眼ネコが脳内にポップして騒いでいますが、脚が太いのは分かっているんです。

でも止める術を私は知らないんです。ケツがデカいのに脚だけ細くするわけにも行かないんだ。脚はいくら太くても良いんだ。

 

誰か助けてくれ。

いいや助けるな。

日に日にデカくなる尻を見届けろ。

 

・鈴森シラセには実は姉妹がいたりする。

 

 

私には姉妹(公式声明)がいます。

本当です。

信じてください。

 

ヤスミ(右)、私(中央)、姉(幻影)。   ――撮影時期不詳、ケンタッキー州

 


ヤスミちゃんを捉えた貴重なフィルム。 ――撮影時期不詳、神奈川県 茅ケ崎市

 

妹の名は鈴森ヤスミ。

私が一時期、古典的な個人サイトを立ち上げようとしたとき、サイトの管理やら設計やらを全部押し付けられた哀れなGeek

昔ながらのオタク気質の朴念仁であり、非常に長い肢体を持つことで知られるゲームオタクです。

シェンガオレンとタメを張るほどの長身から繰り出されるヤクザキックの威力は無類であり、どんなマゾヒストでもさすがにアレを喰らって生き延びることが出来ないのでやめたほうが身のためだと思います。

 

 

姉の名は鈴森チアキ

私、鈴森シラセが古来求め、しかし残酷な運命によって実装が叶わなかった二歳上の姉の幻です。

私は長女だから我慢できたけど次女だったら我慢できなかった。

とても優しい……ということは特にありませんが、ヒマな時に構ってくれる点と向こうがヒマな時にダル絡みしてくれるところは割と好きです(幻覚)。

宜しくお願いします。

 

twitter.com

twitter.com

 

それぞれTwitterもやってるのでフォローしてやってください。

姉は過去の私のブログの再掲とか、我が家の日記とかを投稿しており、妹の方は定期的によく分からないことをツイートしたりしてます。

 

ついでなので私のTwitterもフォローしてもいいですよ。

 

twitter.com

 

・アナタは結晶大根を知っているか。

先日実家の家庭菜園で大根の収穫しました。

以前から少しずつ収穫してはいたんですが、だんだんス入ってきたので、急遽一斉収穫&調理の指令が下され、当然ちゃらんぽらんの娘2号のもとにも大根が来たというわけです。

 

調理が面倒くさくなった私はこれを適当にスライスして、大量の塩と一緒にジップロックに詰めて冷蔵庫に放り込みました。

一週間ほど放置したものには塩の結晶が浮いていました。

これが結晶大根です。

 

試しに塩結晶が浮きまくったソレを食べてみたら死ぬほど辛い&しょっぱい大根でした。

コリッッッッコリのパリッパリにはなっているんですがとても食えませんでした。

後悔しています。

 

狂った私は塩を抜くため、ジップロックに水をダーッと入れてよく揉み、再び一昼夜冷蔵庫に放り込んで放置しました。

今度はしょっぱいけどまぁ~~~~~食えなくもないモノになったりしました。

塩昆布か何か一緒に入れた方が美味いかもしれない。

後で入れて一週間くらい放置しようかな。

カビるわ。

 

取り合えずチマチマ食べたりしてはいますが、毎回口に突っ込むたびに「しょッッッッッぺ!!」って言ってます。

塩分補給には良いかもしれません。

 

私は無計画過ぎる。

 

はいお話終わり

寝ていいよ